矯正・部分矯正

透明なマウスピースを使用した矯正も行なっています。御相談ください。

歯科矯正治療を小児のうちに始め、成長発育を利用してゆっくりと顎を拡大したり、成長方向を修正するように助けてあげると矯正治療は非抜歯で終了できることが多くなっています。矯正治療によって、かみ合わせが改善し、全身の重心バランスが良くなり、その人の持っている本来の能力が十分発揮できるようになると考えます。大人の方も矯正治療は可能です。御相談ください。症状によって部分的な矯正でよい場合もありますし、全体に治した方がよい場合もあります。
歯根だけになってしまっても抜歯しないで部分矯正により歯根を引っ張り出し、再度利用できるようにすることも可能です。

治療例

前歯と前歯の間に隙間ができてしまった場合、小さめの余分な歯を入れた形に直すよりも、部分矯正を利用して隙間を閉じて直すことにより引きしまった顔つきになります。

歯根だけになってしまっても抜歯しないで部分矯正を利用して歯根を引っ張り出し、再度利用できるようにすることも可能です。

歯根だけになってしまっても抜歯しないで部分矯正を利用して歯根を引っ張り出し、再度利用できるようにすることも可能です。

小児の場合、前歯の萌出異常は、時期を逃がさず修正や顎の拡大をしておくと隣の歯は順に正しい位置へ萌出してきます。

反対咬合や開口、叢生などの全顎矯正治療や成人矯正も行っています。ご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

042-924-8841